効率的な勉強法で苦手な項目を搾り出す

ファイナンシャルプランナーだけでなく、ほとんどの資格試験で有効かつ効率の良い勉強法をお教えします。
FP
どんな資格にも市販されているテキストや問題集がありますので、
自分が手にとって分かりやすいと感じるものを購入して準備します。

テキストは暗記する項目や要点を指し示すマークがあってカラー印刷のものがオススメです。
そして購入したら直ぐにテキストに書かれている、
ファイナンシャルプランナーの全貌を理解する為に一通り目を通しましょう。
だいたい分かったら、ここが本格的な学習スタートラインです。

テキストしか購入していないのであれば、
スマートフォンのアプリをダウンロードして購入しましょう。
問題集があればそれを何度も繰り返し解いてください。

基本的にこの資格試験は選択問題ですのでかんたんですが、
なぜ答えがこうなったのかを理解する必要がありますので、
一問毎にテキストの解説を確認しながら進めます。

問題の趣旨を理解して答えが直ぐに頭に思い浮かぶくらい繰り返すことが出来たら、
公式サイトにある過去数年の問題に挑戦します。

過去の問題を解く場合は、本番と同じで2時間の時間設定で行うと、
本番の際の時間配分などが身に付き、
見直しの時間も含めてマイペースを保ちながらリラックスした状態で試験に望めるでしょう。

ここまで済んだら自分の苦手分野がハッキリしてきます。
後は自分が良く間違える問題の項目のテキストを読み込み、
理解する為の時間を作ります。
テキストの余白などに要点を書きこみながら音読するなどして、自分のやりやすい方法で覚えていきます。

問題に慣れることが合格への近道です

お金のスペシャリストとも言えるファイナンシャルプランナーの資格取得は努力を
惜しまなければ誰もが取得する事が出来ます。

この資格には国家資格のFP3級・FP2級・FP1級と民間の資格AFPとCFPがあります。
お金に関する資格ですので、日常のお金に関する事柄にも自分で対応出来るようになる為、
幅広い年齢の方から支持されています。
また、仕事においても有効な資格とされ、合格に向けて多くの方が勉強されています。

しかし、その大半の人たちは効率の悪い勉強法で時間ばかりを無駄にしてしまい、
何度も受験する事になっているのです。
一発合格したいのであれば勉強のコツを覚えるといいでしょう。

まずは、テキストの選び方ですが、基本的にはどのテキストにも大差はありませんが、
キレイにまとめてあって見やすく、
解説の要点が分かりやすく記載されている物を選ぶことをオススメします。

そしてこのテキストを一通り流し読むこと。

時間の無駄になる為、隅々まで丁寧に読む必要はありません。
それが済んだら、後はひたすら問題集を解いていきます。
これは、問題に慣れる事が目的で、暗記するくらい何度も何度も解き進めながら、
一問ずつ丁寧に答えを読みましょう。

不正解は必ずテキストの要点で確認し、なぜこの答えが出るかを理解していきます。
問題集に慣れてきたら、過去問題も数年間分を何度も繰り返して解いてみます。
問題集で出ている問題をもじっただけの様な問題ばかりだと感じ、
スラスラ解くことが出来ます。ここまで出来たら自信をもって試験に望めます。

効率の良い勉強方法を身に付けることが重要です

ファイナンシャルプランナーは、各ジャンルの専門分野との架け橋の役目を担う為、
試験勉強の出題範囲は広範囲になるのが特徴です。

多くの受験生の場合、一通り真面目にテキストを暗記していく勉強法の為、
せっかく覚えた内容もテキストを進むに連れて曖昧になってしまうので意味がありません。

どうせ覚えるのであれは、短期集中で行っていくほうが効果的です。

それには、まずテキストを一通り読んでどんなことが言いたいのか大まかな内容を理解しましょう。
その後には、過去の試験問題を何度も解いて覚えるのです。

FP3級であれば二択・三択問題はほとんど同じ問題が出題されますので、
問題文のキーワードを読めば答えがすぐに導き出せるくらい繰り返します。
満点を目指す気持ちは大切です。しかし6から7割の力があれば合格に近づきますので、
とにかく問題を覚えることに集中しましょう。

効率の悪い勉強方法を何時間も行っていくよりも、
短時間でも意味のある勉強方法を行うことが大切です。
この勉強方法が身に付けば、今後他の資格取得の為の勉強にも役立ちます。

他には、今日はどの問題をやるかというノルマを掲げて勉強するといいでしょう。
今日は何時間勉強したという考え方だと問題を解いた時間ばかりを重要視してしまい、
何の問題を理解できたか曖昧になります。
過去の試験問題を一問解いたらすぐにテキストで内容を再確認し、
正確な知識を認識出来ているかを確認できればなお良いです。

通信講座を使った独学を極める方法

FPの資格は、通信教育の講座を受講して独学で知識を高めていく勉強方が一般的だといえます。
通信教育の場合であれば勉強のペースをどうやって維持していくかが肝心です。
けれど、自分のペースで理解を深めて勉強を進めることできるのが魅力ですね。
勉強するのに欠かせないテキストは通信講座を開いている沢山の会社から選ぶとよいでしょう。
どの会社のテキストでも内容はとてもよく構成されているので、
勉強する本人が気に入ったテキストで問題ありません。

勉強することを暗記することだと考える人も多くいますが、
問題の暗記ばかりに気を取られているようではなかなか先に進めなくなるでしょう。

テキストは読み流す程度でもかまわないのです。
しかし、全体に何が書いてあるか分かるくらい読み込むことが大事です。
それと同時に過去の問題やそれに類似した問題集を繰り返し解くことがよいのです。
自信が付いてきたら添削問題を解いて何に弱いかを判別します。

その回答を読んで理解を深めて、
テキストを開き確認の意味で問題を解き返す方法がとても効果が表れ易いといえます。

テキストには載っていないような過去の問題が出た場合は、
迷い無くその問題や回答を書き込んだり、
他の資料からを重要な部分をコピーして貼り付けて、
自分自身で何もかもが網羅された最高のテキストを作り上げることが合格への近道です。

暗記をするのは容易ではなく、
覚えなくてはならない重圧に押しつぶされそうになることもよくあります。

何かを勉強するということはとても根気が必要になりますが、
問題をとにかく繰り返し解き進めることで、
しっかりと記憶に定着していくことに繋がっていくのです。
FPの独学について

履歴書に書く資格にFPを加える為の勉強法

履歴書の資格の欄に書ける資格を増やしたい人には、FP3級をオススメします。
なぜならFP3級であれば数時間頑張って覚えるだけで受かっている人がとても多く、
持っていても邪魔にならない、実生活にも十分役立つ資格だからです。

このFP3級試験の前半は2択問題で、あなたが読みやすいと思ったテキストを
1冊購入して3時程度読みこみ、書いてある内容を理解できるくらい
おおよその知識を得ることが出来たら、
インターネットで探した過去6年間分の問題を解きながらテキストで確認します。

5時間ほどかけて過去問題を3周するくらいでほぼ暗記できますので、
キーワードを読めば答えが連想されるようになるでしょう。

問題は後半の実技試験15問です。実技試験は公式を用いて数字で回答する事になりますので、
ここは公式を覚えるしかありません。
しかし、中学卒業程度の数学の知識があれば問題なく理解することが出来るレベルですし、
たった3問の出題です。

また、計算に自信がなくても、その後の試験は3択問題ですので、
ここが完璧に解ければ合格は目前だと言えるでしょう。

FP3級の試験は全体の6割の点数を取ることができれば合格と言われています。
資格が欲しい人なら数時間集中して問題を解き、選択問題だけでも完璧に解けるくらいの知識を蓄え、
記憶を自信に変えて挑んでみましょう。
ただし、合格後にFP2級やAFPへのスキルアップを狙うのであれば、
きちんと知識を深め、各ジャンルの専門分野と連携出来るFPにならなくてはなりません。

とにかくFP試験合格したい人向けの簡単勉強法

FPの資格試験と聞くと難しそうに聞こえますが、この3級試験は選択問題がほとんどで前半は2択のため、
少しやる気をだせば簡単に合格してしまう人はとても多い事がわかっています。

資格試験に短期間だけ集中できる機会があれば、是非参考にしてほしい勉強法があります。
ただし、FP2級へのステップアップのために3級から受けていく考えの人や、
合格したら実務に活かして仕事を充実させていきたい場合は
真面目に勉強して確実に理解度を深めていくことをオススメします。

履歴書に保有資格として記入したい人がまず第一にやることは、
書店に行って自分が読みやすいと思えるテキストを購入しましょう。

このテキストは合格ラインと呼ばれる6割の理解度を目標に作られていますので、
これを基に勉強を進めていきます。購入後はただひたすらテキストを読みましょう。

3時間ほど読み込み、おおよその全体像を理解できるようになればいいでしょう。

FPという役割をだいたい理解することが出来たら、ここからは過去の問題を解き始めます。
過去問題はインターネットで閲覧できるようになっていますので探しましょう。

FP3級の2択問題は、毎回同じような問題が出題されますので、
過去6年間分くらいを目安に解いていきます。

やり方は1問問題を解いたらテキストで確認するのが基本です。
目安としては過去問題を暗記するくらい解いてみるのがいいのですが、
3周目くらいから問題を解いていくと出てくるキーワードを見るだけで答えが頭に浮かんできます。

過去問題を9割出来るようになったら2択問題は合格点が取れるでしょう。
後半の実技に関しては公式を覚えることが合格への近道になります。

効率の良い勉強方法を実践しましょう

FPに限らず、他の資格試験にも言えますが、
「効率のいい勉強方とは何か」とインターネットで質問している人をよく見かけます。

はかどらない人によくあるパターンは、
「今日は3時間やろう」とか「明日は・・」といった様に、勉強の予定を時間で考え、
勉強を区切ってしまいがちです。

しかし、このやり方では、時間に追われながら問題集を解くことになりますので、
時間を気にしすぎて焦りやストレスばかりを感じてしまい効率が悪くなるのです。

もし時間内にやろうと思っていた問題が全て終えたとしても、
問題をやり終えた達成感ばかりが強く感じられ、肝心の理解度はいまひとつになってしまい、
出来たところも間違えたところもあやふやで、何の為の勉強か分からなくなってしまいます。

また、達成感というものは問題を早く解いた事で得るのではなく、
過去の試験問題や模擬試験を受け、点数を目で見て得ることの方が重要なのです。

日々の勉強時間を有効活用するためには、
毎日自分に対してノルマを課すことがオススメです。

通学して講義を受けている人であれば、授業と授業の間の日数で前回の復習をします。
動画を視聴して学んでいたり、
独学でテキストや過去問題をこなしている場合も、
学習内容に一区切りを設けて復習をするのがオススメです。

また、いきなりFP2級を受けるより、比較的容易なFP3級をワンクッションとして
考え先に合格しておけば、内容の重複もありますので勉強に余裕も生まれ、自信にも繋がります。